有機野菜とは

食事は人間に限らず、すべての動物にとって基礎の基礎といえるものです。
通常、人間以外の動物は嗅覚などによって食べて良いものと食べてはいけないものを見分けているものですが、人間はその点を知識で補わなければなりません。
ただ、人間はいまや自生しているものを食べるだけではなく、自分達で食べるものを生育することが出来る生き物になりました。
最初からどんなものを作るのかを考えておければ、見分ける必要もなくなるわけです。

さて、健康に食べられる食材が欲しいということであれば、選択肢の1つとなるのが「有機野菜」というものです。
この名前を聞くようになってからそれほど時間が経っておらず、どんなものなのかが分からない人も多いのではないでしょうか。
まずはこの有機野菜がどんな性質を持っているものなのかを紹介します。
有機野菜の定義は、農林水産省によって制定されている有機JAS規格に適合している野菜のことを指しています。
そのため、条件としては満たしていても認定を受けていなければ定義としては有機野菜ではないことになります。

それでは、有機野菜の認定を受けるためにはどのような条件を満たす必要があるのでしょうか?有機野菜について知るためには、類似している野菜の種類である「無農薬野菜」についても知っておく必要があります。
この先では「有機野菜と無農薬野菜の条件」「有機野菜の購入先」「有機野菜のメリット」という3つの項目について紹介します。

Copyright © 2014 有機野菜ってどんな野菜? All Rights Reserved.